名前が長命草というぐらい

強い紫外線にさらされ与那国の海岸の岩場で自生していた野草。これにはポリフェノールの一種クロロゲン酸と ルチンが豊富に含まれていることがわかりました。厳しい自然環境には良い薬草がそだつらしい。
長命草(和名 : ボタンボウフウ)は、日本最西端の与那国島に生育。島の人はこれを長命草(ちょうめいそう)と名付け、茎を煎じ、葉は和え物にしたり、汁の薬味にして食してきました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック