腰など負担がかかるウオーキング

現代と違って江戸期の歩き方ナンバ歩きは腰に負担がかからないやさしい歩き方。なぜなら腰をひねらず、かかとから着地しないのでかかとも膝も傷めにくい。  江戸期には一日40kmも平気で歩けたわけである。この歩きが廃れた訳は着物。現代の交互の歩きだと着物がはだけてしまうのだ。 ウオーキングで腰かかと膝を傷めないためにナンバ歩きもやってみよう…
コメント:0

続きを読むread more

深い睡眠を得る無酸素運動

良質な睡眠とは長さよりも深さだといわれる。ウオーキングなどの有酸素運動はもちろんさまざまな良い効果を期待できることは筋肉・骨・脂肪燃焼・膵臓・高血圧・糖尿病予防に実証済みだ。これと無酸素運動を組み合わせることが深い睡眠につながるということが分かってきた。例えばウオーキングの途中で短距離走してみるのも。  バレーボールはスパイク・レシー…
コメント:0

続きを読むread more

ピ-マンに含まれるビタミンPは美肌に効く

あまり聞きなれないビタミンP、毛細血管の流れを良くし保持するのでこれは美肌に良く肌の老化を防ぐ。もともとビタミンCが豊富、調理にの熱で失われるのをビタミンPが防ぐ。ともに血管の収縮から戻りを良くし血圧上昇を防ぐ。抗酸化力もある。これは是非摂取しなければ。
コメント:0

続きを読むread more

運動はガンを防ぐ

運動する人はやはりガンの発症リスクが下がるという。インスリン抵抗性、つまりインスリンの効きがよくなることで、腫瘍増殖の原因であるインスリンをコントロールできるとされる。  運動の少ないデスクワークの人に大腸がんが多いというのもこのあたりに原因がありそうだ。
コメント:0

続きを読むread more