虫歯・歯周病にもハチミツがよいとは

歯に染みる、ブッシングしてもフッ素を塗っても釈然としない、完全な虫歯のようではないし、そんなとき傷の修復にハチミツが良いと。肌の傷や胃の傷にも効くぐらいだ。ただし、一回に小スプ-ン一杯に限る、砂糖のような甘いものは虫歯の原因になる何か逆のイメージが支配してしまいそうなところである。
コメント:0

続きを読むread more

かゆい皮膚にハチミツが良い

乾燥肌、ふろ上がりにかゆくて皮膚科の医者にかかったこともあった。塗り薬をもらって、血行を良くする方法である。しかし、特効薬のようには思えなかった。ハチミツはそれでいて殺菌作用、傷の修復作用があるという、なんでもっと早く気付かなかったかと思う。
コメント:0

続きを読むread more

ハチミツがコレステロールに良い

心臓病の原因になる悪玉コレステロール。これに効くものを探していたがなんとハチミツがよいとは。胃の粘膜の傷を治し、肌も直すわね。胃腸病に効くとは。殺菌作用抗酸化作用など。安眠にも良いなど。早速寝る前にスプ-ン一杯。シナモンを入れて。
コメント:0

続きを読むread more

ウオーキングが認知症予防に効く

ヒポクラテスはウオーキングは最良の薬といったという。脳の働きを良くする。言語機能、ストレス軽減。海馬に好影響。インスリンの働きを高めれば、異常なたんぱく質アミロイドべ-タの蓄積をインスリンが阻止する働きが高まるという。通常甘いものをたくさん摂取する人はインスリンが甘いものを優先して消化するために認知症になりやすいと聞いていたが少なくとも…
コメント:0

続きを読むread more

八味地黄丸で頻尿対策

寒さからかトイレが近いのでついに八味地黄丸を服用することとなった。加齢は筆者の年齢からすれば否定すべくもないだろうが、漢方独自の腎虚というとらえ方をするらしい。    その概念が全部該当するとは言えないが、それほど体力が低下しているわけでもなく、ただかゆいとか乾燥はある。体温は少し低めかもしれない。前立腺あたりは関係がありそうである…
コメント:0

続きを読むread more

アボカドはミトコンドリアまで届ける

最近はバナナやパイナップルに次いで輸入されるようになった。セレブの食べ物というイメージ。しかしその栄養価は高く脂肪もコレステロールをあげない抗酸化作用のある太らない不飽和脂肪酸だ。細胞奥深くミトコンドリア光合成命の源にまで届けるという。含まれるビタミンEが美容に効く。カロリーが高いので一日半個でよいそうである。
コメント:0

続きを読むread more