テーマ:認知症

居眠りは発想の源泉

かのナポレオンは執務室に仮眠ベットを置いていたという。人間は脳を使うと眠くなる物資がたまってくる。そこでうたたねをすることでひらめきを呼ぶことができる。レミニセンス追想法という理にかなった方法なのである。  つまり脳は意思に関係なく、必要な記憶を整理保存する際に新しい記憶と古い記憶を関連付けて記憶するという。そのとき思いもかけない古い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩くと脳の海馬によい

歩くと筋肉が刺激が出てカテプシンBを出し海馬の細胞を増やし委縮を防ぐ認知症の予防になることが知られてくる。加齢は脳の機能を低下させるが海馬を若々しく保つことで長寿となるという。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳を守る瞑想

脳の記憶はある程度まで制限されていて脳を自衛しているという。ストレスや不安とかは脳に負担をかけるので、睡眠とか(脳の記憶を整理する作業を行う)、何も考えない、瞑想(呼吸のみ意識したり、浮かんで来る意識はそのままにしておく)は重要となってきてインダス文明やブッダの思想にも語られているのも理由がある。認知症・うつ病にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはりイチョウは炎症を抑える

筆者がイチョウチンキ(ホワイトリカ-)を飲んで、鼻炎に効いたと報告した。やはりイチョウには血小板活性化因子(アレルギ-反応の一因)を抑制する働きがある。イチョウ葉の研究はまだ十数年の研究があるに過ぎない。イチョウは大脳の循環を改善するので老化に対抗する治療薬だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチョウは花粉症に効く

イチョウは「記憶の木」ともいわれるくらい、脳の血行を開通する。それがイチョウチンキでためしたら、鼻炎にも反応しているようなのだ。炎症を抑えるのか、開通するのかだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香りが認知症に効く

好きな香りで心地よくなるのは重要なことである。認知症の人に真正ラベンダ-,スイ-トオレンジの香りを試したら一部の機能の改善があったという。脳の海馬と嗅神経とつながりがあるらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米ぬかに認知症改善

米ぬかに含まれる天然ポリフェノ-ルのフェルラ酸にアルツハイマ-の認知機能の低下を抑える効果がある。臨床の結果だというから。信憑性はある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチョウは色づいて

イチョウ黄色一色に色づいています。家の敷地に植わっています。ケンフェロ-ルが成分で、老化に効く、認知症にも、これはフラボノ-ルの一種、色素に若返りの効能があるといわれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は世界アルツハイマ-の日です

きょうは世界アルツハイマ-宣言がなされた日、当ブログでも認知症にきくハ-ブとして、イチョウと秋ウコンを紹介しました。秋ウコンは良質なものが滅多にないということもわかりました。 オオタ輸入漢方=http://www7b.biglobe.ne.jp/~a0922704/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウコンは認知症をおさえる

ウコンはその成分でクルクミンが健胃・利胆(胆汁の出をよくして、逆にこのことが肝機能の働きを高める)作用が良く知られていますが。アルツハイマ-(認知症)の原因となりうるベ-タ-アミロイドの蓄積の抑制効果が報告されています。 オオタ輸入漢方=http://www7b.biglobe.ne.jp/~a0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチョウの葉でチンキをつくる。

イチョウの葉を250gを3分間ゆでて、ホワイトリカ-1.8Lにつけます。こうしてできあがったチンキ(アルコ-ル65%ベ-ス)を、一日2~3回、15~20滴服用するのが一般的です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more