テーマ:アンチエイジング

深い睡眠を得る無酸素運動

良質な睡眠とは長さよりも深さだといわれる。ウオーキングなどの有酸素運動はもちろんさまざまな良い効果を期待できることは筋肉・骨・脂肪燃焼・膵臓・高血圧・糖尿病予防に実証済みだ。これと無酸素運動を組み合わせることが深い睡眠につながるということが分かってきた。例えばウオーキングの途中で短距離走してみるのも。  バレーボールはスパイク・レシー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩くと脳の海馬によい

歩くと筋肉が刺激が出てカテプシンBを出し海馬の細胞を増やし委縮を防ぐ認知症の予防になることが知られてくる。加齢は脳の機能を低下させるが海馬を若々しく保つことで長寿となるという。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安静時の脈拍が寿命を決める?

アドレナリンが脈拍を上げる。脈拍が速いと血管を傷める。心臓を傷める炎症物質がでるという。煙草のニコチンお酒もアドレナリンを高くする。動脈硬化、急性心筋梗塞など。 70も高い。50~60がよろしい。 毎朝測定がよろしい。 じゃあ、脈拍を下げるには寝そべる、リラックス、呼吸ゆっくり長く吐く、胸に花が咲く感じ、医療ヨガだ。 入浴はベリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧対策はウォーキングから

加齢とともに足の筋肉が弱ってくるのは納得。足の毛細血管もダウン。 結果上半身に血液がたまってどうしても高血圧となる。 足を鍛えるに越したことはないのである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイボスティーは毛細血管を守る

南アフリカに生育するルイボスという灌木の一種。厳しい環境で育った故の効果を持つ。ルイボスティーに含まれるSODという酵素が活性酸素を除去してくれることによって、毛細血管を外から張り付ける細胞がはがれるのを防ぐはがれると毛細血管は死滅する。それは老化防止になる。加齢臭、二日酔いの防止になるという。 それに抗炎症作用もあるので、アトピーや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく噛めば認知症も防ぐ

よく噛む一口30回噛めば、血圧のコントロールをつかさどるホルモンがでる。食後低血圧(20以上下がる)を防ぎ、アミロイドベ-タ(認知症を引き起こす毒素)をが脳にたまるのを防ぐ。要するに、脳の血量が多くなると洗い流してくれるのだ。⁺
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒天の食物繊維はダイエットに

寒天はテングサからつくる。ところてんを凍らせ乾かし作り水分吸収に優れる。この食物繊維は水溶性、不溶性の両方の性質をもつのが優れている。 腸内環境を整え、太りにくい体作りに役立つとされる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海苔は脳を老けささない

脳や心臓を老けさせない。平安の時代から高価で一枚の大きさが決められていた。21×19cm。豊富な栄養素。トップクラス。旨み成分が詰まっている。葉酸が脳を老けささない。また含まれるタウリンは肝臓心臓の毛細血管を丈夫に長寿に資する。若いうちからとるのが良い。短鎖脂肪酸は認知症予防になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さけの身が赤いわけ

さけはオキアミを食べる。オキアミはプランクトンを食べる。この食物連鎖のなかで濃縮されるものがアキトスサンチンという抗酸化物質、これが赤い色なのだ。サケの産卵が終わるまでその老化を防止するのである。この物質紫外線に強い。我々もサケを頂いて紫外線から身を守ることができる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋肉がガン撃退に

筋肉が出すメッセ-ジが免疫細胞を活性化させる。敵がいるよと知らせるわけだ。ガンはみずから免疫細胞からの攻撃をかわすメッセージをだす。それを上回るような運動で免疫細胞を活性化させる。ガン治療に運動をお勧めすることになるのだ。 発見!!ガン撃退 勝利の方程式!!—闘いの場・運搬の場・吸収の場を知って体内抗ガン革命を起こせ!ガン細胞を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコで血管が柔らかくなる

チョコポリフェノールは血管を柔らかくして、結果血圧の高い人は下がり、正常な人は変動の幅が小さくなるのです。カカオのアンチエイジング効果は知られていてかの将棋の名人加藤一二三氏も大のチョコファン。80前の年齢にもかかわらず健康年齢は46歳骨年齢はもっと若くて26歳という。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコで血圧が下がる

カカオ分72%の高ポリフェノールチョコを毎日25g(1枚5g・約150Kcal)摂取し、摂取前後に血圧測定や健康に関するアンケート・採血を行い、チョコが心身に与える影響を調査するというものです。その結果高い低い血圧ともに下がったというのです。  ポリフェノールの効果は大きいのですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧が下がった

野菜の摂取(アブラナ科のキャベツぶろっこり-など)を心掛け、青魚の缶詰、適度な運動ウォ-キングは最高血圧の方が下がっていました。最低血圧は85あたりで。  やはり、食事が大きい要因なのですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大股歩きでヒップアップ

消費の激しい筋肉細胞で筋サテライト細胞(筋肉の赤ちゃん)に運動を与えないと脂肪に替わってしまうのでヒップなどの体型維持にならなくなる。運動でたわみなどが防げるわけである。7cm歩幅広げるだけで体形維持ができるのである。階段もよい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糠漬けには酪酸菌が

腸内環境を整えるし腸内の傷を修復するのが酪酸菌 大腸のエネルギー源と評価される酪酸は、 T細胞を増加させることにより免疫バランス調整機能があるとされます ただし塩分が多いのでぬか漬けは1~2切れ程度! また水溶性食物繊維が酪酸菌のえさになり活性化できるので 水溶性食物繊維を多く含む食べ物には、 ゴボウやバナナ・リンゴ・玉ねぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏バテには酢の摂取を

食欲のわかない暑さで夏バテ気味のあなた。酢は夏バテ防止も充分な効果だと思いますが、お酢の持つパワーはそれだけではありません。 ・カルシウムを効率よく吸収 ・代謝を高めて脂肪を効率よく燃焼 ・腸の働きを良くし便通を正常化 ・ビタミンCの破壊を防ぐ ・高血圧の予防 ・食欲促進 ・疲労回復 といいとこだらけですので、直接飲むの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1500万年前の突然変異

人間やサルは体内でビタミンCがつくれない例外的な生き物。一日1000mgが必要。ビタミンCは抗酸化力が老化を防ぐ。野菜を取ればよいのだが簡単にビタミンCを摂取するにはお茶が良い。水だしして冷蔵庫で冷やす。茶殻も60%も残っているという。二番出しもよいことになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポリフェノールはこまめに摂る

若返りアンチエイジングにポリフェノールは必須。野菜の皮ごと煮付けの汁まで摂る。赤ワインは良いのだがアルコールがどうもという人には緑茶・コ-ヒ-でも多いのでそれもよいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハトムギは美肌に良い

栃木県小山市にはハトムギ(生薬)をたくさん摂取する習慣がある。お茶とかである。肌の細胞をきめ細かく潤いのあるものにする。  筆者も摂取してみた。気持ち、違いがあるようであった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美肌にハトムギがよい

ハトムギ摂取で肌の線維芽細胞が増えることで肌は弾力を取り戻す。しっとり感がでて、しみしわが改善する。ごはんに混ぜることで簡単に取れます。 【定形外郵便OK】ハトムギエキス/30ml【100%天然/無添加/植物性/マンデイムーンオリジナル/肌荒れ/化粧水/ローション/セラム/美容液/原液/手作りコスメ/手作り化粧品/原料/材料/フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三日断食は体質改善に

三日の断食は太りにくい体質に変えるという。一日断食ではダメ。水分補給はしてくださいね。一日2リットル。最強のアンチエイジングになる。サ-チュイン遺伝子がサ-チュイン酵素をだして遺伝子を補修する。眠ったスイッチが入ることになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷えたおにぎりはダイエットによい

お米は意外と炭水化物の含有量が少ない 炭水化物の食べ過ぎは太る原因にですが。主食の中でもダイエット中に最も適しているのが「ごはん」、ということなのです。 冷えたおにぎりに含まれる“レジスタントスターチ”で痩せられます。 おにぎりがダイエット食材になる理由のもう1つが、冷えた炭水化物に含まれる「レジスタントスターチ」という成分です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマニ油がこれほどお通じに良いとは

あまの種から絞った油である。けっこう高価である。オメガ3を含み、腸の殺菌消毒ができるらしい。覿面お通じの良くなること。驚き驚き。この油無味無臭で調理の熱に弱いので飲むのです。 亜麻仁油 フラックスシードオイル 237ml × 3本セット《送料無料・クール便》《あす楽》【オメガニュートリジョン】【有機JAS オーガニック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オメガ3の油は美と健康によい

荏胡麻油、亜麻仁油は畑の魚というくらい青魚と同じくらい健康的で貴重な油。零下35度でも凍らない。炎症を 防ぎ毎日摂取するだけで中性脂肪をさげ、体内脂肪、皮下脂肪を下げる。顔の油や血行を良くし、美容に良い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨は支えるだけにあらず

硬い体を支える骨というイメ―ジだが、内臓に働きかけて影響を及ぼす一種の臓器である。膵臓に働きかける オステオカルシンはホルモンの作用もあり、膵臓のβ細胞に働いてインスリン分泌を促したり、脂肪細胞に働インスリン感受性を高めるタンパク質であるアディポネクチンの分泌を促進するとの報告がある。  骨に適度な刺激を加えて糖尿病の予防になるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DHAもEPAも缶詰一個で

DHAは、コレステロ―ルを下げ生活習慣病を予防すると考えられています。EPAも中性脂肪を下げる青魚の油に含まれるとされています。  そこで、高価なサプリメントとなるのでしょうが、簡単に魚油を摂取する方法があります。 それは、サバやイワシの水煮などの缶詰でよいのです。  老化を防ぎ、物忘れも少なくなるかもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5皿とると死亡率低下

食事に野菜果物など混ぜ合わせて5皿とるあたりから死亡率に変化が出てくるという。穀物繊維はコメの玄米、皮、胚芽に多く含まれている。大麦に穀物繊維が多いのは有名だ。麺類にも比較的含まれている。この穀物繊維は糖の吸収を抑えて、糖尿病に効くのである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆっくりの食事は若返り

筋肉若返りホルモン(IGF-1)は食事をゆっくりすることで、多く分泌させる。早く食べると血中の血糖値が高くなりこのIGF-1の分泌をおさえるのだ。  栄養素としてはアルギニンというアミノ酸を摂取すると脳を刺激し筋肉の若返りとなるのだ。一日五g摂取でよい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛乳のかわりに豆乳を

高脂血症・高血圧症など生活習慣が原因となる疾患には、植物性で大豆が原料の豆乳がよかろう。アメリカでは国が指定する健康食品になっている。牛乳と値段的にはかわらない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more