テーマ:ガン予防

さつまいもにしかないヤラビン

さつまいもに唯一含まれる栄養成分ヤラピン - 便の緩下(かんげ)作用といってヤラピン(切り口から出る白い液体)です。とても貴重な栄養です。女性が焼き芋を好むのはこれか?ヤラピンは腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進し、便をやわらかくする効果(緩下作用)があります。さつまいもが便秘に効果的なのは、豊富な食物繊維とヤラピンの相乗効果が大きいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動はガンを防ぐ

運動する人はやはりガンの発症リスクが下がるという。インスリン抵抗性、つまりインスリンの効きがよくなることで、腫瘍増殖の原因であるインスリンをコントロールできるとされる。  運動の少ないデスクワークの人に大腸がんが多いというのもこのあたりに原因がありそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コ-ヒ-のすすめ

中毒など言われもしたがコ-ヒ-のカフェインのもつ免疫力がガンの予防になることは知られている。パ-キンソン予防も、頭痛を軽減し中枢神経の働きを高める。ストレス軽減、鬱になりにくく、コ-ヒ-のカフェインには紅茶・チョコレートのでは及ばない。記憶力を向上させる。体重増加を抑える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病に効く温泉とは

酸性の強い温泉には血糖値を下げる作用があるとはきいていた。しかし、その成分である亜鉛、マンガン、銅、クロムといった微量元素がインスリンの作用を高めるのだ。それらが皮膚から入り膵臓に働くのだ。血管は若返るのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンに効くシークヮーサー

シークヮーサーに多く含まれるフラボノイドの一種ノビレチンには血糖値の上昇や高血圧を抑える効果が発見されていて更にがん抑制効果が期待されており、健康食品として利用されています。このノビレチンは皮に多く含まれています。ですので絞る際に皮も一緒にギュッと強く絞るようにすると果汁と一緒に摂取出来ます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五香粉の効能

中国料理の香辛料の代表格。青魚にあう。数種類の香料が混ざっている。代表が八角だ。冬場にはよいかもしれない。 効能 ●八角: 血の巡りや消化を良くする ●シナモン: 毛細血管の血行促進による冷え・冷え性改善への効能 ●クローブ: 胃腸の消化機能を促進したり、体を温めたりする ●花椒: 精神安定、消炎鎮痛、血圧を下げ、消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コ-ヒ-は長寿ホルモンを増やす

アディポネクチン(長寿ホルモン)は血液の中にある、血管の傷ついた部分を修復する働きがある善玉ホルモンだ。そしてコーヒーを1日4杯以上飲む人が最もアディポネクチン濃度が高いことが分かったという。 東大の研究チームは、アディポネクチンの代わりの役割をする物質を約600万種類の化合物の中から発見し、それをアディポロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチジクはうつに効く

この時期イチジクがよいらしい。古来カリウムやペクチン、鉄分の働きにより、痔・便秘に効くとされてきた。しかし、 体調不良から老化まで「不老長寿の果物」としていちじくが解消してくれる。それに がんにまで効果があるという。  今の時期は季節の変わり目真っ只中、夏の疲れやシルバーウィークの疲れがでやすく、なんとなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尿糖が出なくなった原因

腹いっぱい食べても糖尿が出ない。体重も高めなのに食後の糖尿が出ない。心当たりは、野菜を多く取るのだが肉類も結構食べている。オリ-ブオイルそれもエクストラバ-ジンオイルを極力使かっているのだ。オリ-ブオイルは地中海地方では薬に使っていたと聞く。やっぱり本当なのかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急な血糖値上昇が膵臓ガンの初期

なかなか気付きにくい膵臓ガン、気付いたらほとんどが手遅れ。ところが、糖尿病の人、まめに血糖値をはかっていたところ急に上昇したので医師に相談したら初期の膵臓ガンが発見できた。  ガン細胞が大量に酸素を消費し、その為に弱った細胞がインスリンの出を押さえるためだ。 尿PH試験紙などで常時チェックするのに越したことはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜂蜜は胃の粘膜の炎症を静める

胃のみぞおちの辺りが突っ張った感じが抜けない。胃酸過多と思って、重曹、梅干しを試してみたが今一だ。蜂蜜は様々な栄養素を含んでおり、美容健康によいのは一般知識。しかし蜂蜜が粘膜に優しく働きかけるのが特徴で、咳を和らげ粘膜の炎症を抑えてくれるのはよく知られている。蜂蜜をなめてみた、ツッパリ感がなくなっていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆鼓(とうち)は本格派の味

豆鼓(とうち)は糖分の吸収を抑えて血糖値を正常に保つ効果がある。 豆鼓(とうち)は、蒸した大豆に麹や塩などを混ぜて発酵させた食品です。この豆鼓には、糖の吸収を抑える効能があることから、血糖値の改善効果が期待されています。 これを入れると本格派の中国料理が楽しめるということで一目置いていたのだが。{%ラー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマネギと酢漬けのコラボはよさそう

酢は血流をよくするのは有名。タマネギの硫化アリル、ケルセチンは血圧を下げるに最適のコラボのようだ。その他血糖値低下、便秘、ダイエット、メタポに効果があるようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良質オリ-ブ油は健康優等生

従来地中海地方ではオリ-ブ油は薬として用いられていた。特に良質なエクストラバ-ジンオイルは一価不飽和脂肪酸・オメガ9系列・オレイン酸など酸度0.8%以下のもので悪玉コレステロ-ルをさげ善玉コレステロ-ルを減らさない。事実、地中海沿岸の人々に心臓疾患の極めて低い理由がオリ-ブ油を多用する地中海料理に有るとされる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キキョウの根がガンに効く

桔梗(キキョウ)は、根が結(桔)実して硬(梗)いことに由来します。 日本では秋の七草で知られるように花を観賞用として、韓国では根を山菜(キムチやナムルなどの食材)として、中国では薬用(生薬)として主に用いられています。 生薬(漢方薬を作る材料)としては使うときは効き目の強く副作用もある。ガンに効く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポ-クカレ-はベ-スは強火で

玉ねぎをみじん切りして強火で10分炒める。水を飛ばすことで旨味が凝縮され味が入りやすくなる。ル-は最後ぎりぎりで入れます。ル-はハウス食品のバ-モントカレ-が旨味・酸味のツボを押さえているという。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おそくなったけどウコン収穫しました

多忙で、収穫がすっかり遅くなっていた。春ウコン少々、紫ウコン少し、秋ウコンはしっかり塊根をつけていました。腐ってはいませんでした。ホッとしました。 ウコン茶 奈良ふたかみパーク當麻で収穫、 乾燥。 無農薬 無添加 無着色ふたかみパーク當麻ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウコンを植えましたよ

やっと暖かくなったので春ウコン秋ウコン紫ウコンを植えました。暖かくて湿気の多いところに良質のウコンが育つからです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チ-ズは眼に抜群

チ-ズは牛乳から作られるが、タンパク質・カルシュウムが濃縮されていて、よく眼がみえる、脂肪の代謝をよくする、カルシュウムの吸収が2倍とよい。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、ガン予防にもよいらしい。ワインといっしょに取るとアルコ-ルを早く分解してここちよい酔い機嫌となる。妊婦にもよい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more