アクセスカウンタ

はなしのひろば

プロフィール

ブログ名
はなしのひろば
ブログ紹介
健康、関心のたかい話題、情報をていきょうします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
野菜を先に食べるだけで血糖値が下がる
野菜を先に食べるだけで血糖値が下がる 糖尿病予防には食事の際に野菜を先に食べることで、血糖値の上昇を抑えることが分かってきている。食後の血糖値が急激に上昇することはスパイクとしてよくないことが知られている。  ご飯などの炭水化物は血糖値をあげるので最後に食べるのが良いとされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 21:15
オメガ3の油は美と健康によい
オメガ3の油は美と健康によい 荏胡麻油、亜麻仁油は畑の魚というくらい青魚と同じくらい健康的で貴重な油。零下35度でも凍らない。炎症を 防ぎ毎日摂取するだけで中性脂肪をさげ、体内脂肪、皮下脂肪を下げる。顔の油や血行を良くし、美容に良い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 18:15
カレ-は認知症に効く
カレ-は認知症に効く カレ-にはウコンが入っている。ウコンの成分であるクルクミンが良いのである。ウコンはうつ病にも効くとされる。 脳の血流をよくすることは認知症にも良いのであるが脳伝達細胞に良い効果があるのであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 20:44
骨は支えるだけにあらず
骨は支えるだけにあらず 硬い体を支える骨というイメ―ジだが、内臓に働きかけて影響を及ぼす一種の臓器である。膵臓に働きかける オステオカルシンはホルモンの作用もあり、膵臓のβ細胞に働いてインスリン分泌を促したり、脂肪細胞に働インスリン感受性を高めるタンパク質であるアディポネクチンの分泌を促進するとの報告がある。  骨に適度な刺激を加えて糖尿病の予防になるというのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/18 18:03
DHAもEPAも缶詰一個で
DHAもEPAも缶詰一個で DHAは、コレステロ―ルを下げ生活習慣病を予防すると考えられています。EPAも中性脂肪を下げる青魚の油に含まれるとされています。  そこで、高価なサプリメントとなるのでしょうが、簡単に魚油を摂取する方法があります。 それは、サバやイワシの水煮などの缶詰でよいのです。  老化を防ぎ、物忘れも少なくなるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 23:25
歯ブラシは天日干しで
歯ブラシは天日干しで 普段気づかない使い終わった歯ブラシの処理。水洗いでは歯周病菌の除菌にはならない。使い続けると口腔で傷や口内炎のさい歯周病菌が血管に入り込み、心臓病や糖尿病悪化の原因となりかねない。天日の紫外線で殺菌するのがよいとされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 16:15
5皿とると死亡率低下
5皿とると死亡率低下 食事に野菜果物など混ぜ合わせて5皿とるあたりから死亡率に変化が出てくるという。穀物繊維はコメの玄米、皮、胚芽に多く含まれている。大麦に穀物繊維が多いのは有名だ。麺類にも比較的含まれている。この穀物繊維は糖の吸収を抑えて、糖尿病に効くのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/04 20:58
天然のインスリンとは
天然のインスリンとは それは菊芋に含まれるイヌリンのこと。インスリンは血糖値を下げる働きがあるが血管を痛める。糖尿病治療には 効き目がありそうだ。菊芋は一般的なイモ類とは違い、ヤーコンと同じようにデンプンはあまり含まれず生の菊芋には15%前後のイヌリンが含まれているとされています。 このイヌリンは消化によってオリゴ糖の一種キクイモオリゴ糖(イヌロオリゴ糖)となり、血糖値の異常によっておこる糖尿病などに良い影響を与えるとされています。しかも低カロリーの健康食材でジャガイモの半分以下のカロリーしかありません。  ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 13:34
脂肪肝はデトックスの敵
脂肪肝はデトックスの敵 肝臓を機能低下してしまう脂肪肝。これを避ける。断食も意外と良いかもしれない。腎臓も休ませられる。食べ物にはまぐろ、たこ(タウリン)、ごま、ア-モンド(ビタミンE)、豚肉が良いとされる。アイスクリームの取りすぎはぜったいやめておくべきだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/26 19:49
ユ-カリオイルは風邪の予防に効く
ユ-カリオイルは風邪の予防に効く ユ-カリオイルは殺菌効果がありる。それは1・8シネオールと言う成分を持ち、アロマテラピーによって肺に行き届けば、優れた抗菌作用で風邪の予防に役立ってくれます。これからの寒い季節入浴剤に良いかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/25 20:45
ゆっくりの食事は若返り
ゆっくりの食事は若返り 筋肉若返りホルモン(IGF-1)は食事をゆっくりすることで、多く分泌させる。早く食べると血中の血糖値が高くなりこのIGF-1の分泌をおさえるのだ。  栄養素としてはアルギニンというアミノ酸を摂取すると脳を刺激し筋肉の若返りとなるのだ。一日五g摂取でよい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/22 20:45
マカの効能は
マカの効能は 天然マカは、南米ペルーのアンデス山脈のボンボン高原、海抜4,200メートル以上の高地で生育、栽培された植物でハツカダイコンによく似た形をしたアブラナ科の一種です。 天然マカ精片は人体が必要な16種類のアミノ酸と8種類の鉱物質を含む以外、人体が必要な活性物もあります。天然マカエキスは人体の食事の栄養を有効に均衡でき、免疫力、抗病力を上り、体質と睡眠質量を改善できます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 22:00
牛乳のかわりに豆乳を
高脂血症・高血圧症など生活習慣が原因となる疾患には、植物性で大豆が原料の豆乳がよかろう。アメリカでは国が指定する健康食品になっている。牛乳と値段的にはかわらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/30 14:12
さけの赤は長寿の赤
さけの赤はアスタキサンチン、その効果・ 効能はなんと言っても強力な抗酸化作用で長生きの源となる物質だ。一方まぐろの赤は鉄の赤だ。  長寿のためにはさけがお勧めといえそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/23 21:06
さんまは丸ごと焼く
本場気仙沼で焼くさんまの塩焼きはホットプレ-トで丸ごと焼く。 包丁を入れるとうまみが逃げる。 アルミホイルを敷いて蓋して焼く。うまいはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 20:48
脳を守る瞑想
脳の記憶はある程度まで制限されていて脳を自衛しているという。ストレスや不安とかは脳に負担をかけるので、睡眠とか(脳の記憶を整理する作業を行う)、何も考えない、瞑想(呼吸のみ意識したり、浮かんで来る意識はそのままにしておく)は重要となってきてインダス文明やブッダの思想にも語られているのも理由がある。認知症・うつ病にも効くといいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/02 12:15
白内障を防ぐ普通めがね
紫外線は水晶体に傷をつけ、白内障の原因になる。紫外線の強い沖縄の人に白内障が多いことは知られている。ところで、紫外線カットじゃないメガネレンズも実はある程度の紫外線カットをしています。 裸眼よりは紫外線カットじゃないレンズでも掛けたほうが眼の保護にはなる。UVカットレンズに越したことはありませんが。  その点からすると、「紫外線カットじゃなくても大丈夫」という事になるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 16:51
あけび油は最高級で
秋の味覚あけび。山のおやつ。そこから取れるアケビ油は脂肪がつきにくい 。高価なものだ。  秋田の郷土史や民俗誌などによると、江戸時代にはアケビの果肉を食べる際に残った種を搾って食用油を製造していた。関東・関西方面では美味で高価な油として珍重されていたと記述されています。アケビ油は輸入原料から作られる安価な大豆油やサラダ油に押され、昭和初期以降まったく製造されていませんでした。  とかく油では脂肪がつく心配がある。しかし、研究によるとあけび油は食物繊維のような独特の成分のため、体脂肪が付きに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/18 16:19
ラベンダ−は安眠をさそう
古くから様々な効能が期待されている。不安、不穏、不眠、うつ症状、精神安定、鎮痛、胃のむかつき、脱毛、防虫・殺菌などに効果があるとされる。  お風呂の入浴剤としてもちいて、リラックスしてはいかが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/17 22:34
ロ−ズマ−リはマリアさまのマント
マリアさまが青いマントを香りのよいハ−ブの茂みにかぶせたところ翌朝白い花が青色に変っていたという(マリアさまのバラ)。  古来記憶力をよくするといわれ古代ギリシャの学生が身に着けていたと言われる。  料理の香りづけにつかわれるが、入浴剤に使ってリフレッシュしてみてはいかが。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 18:17
土用の丑の日うなぎで夏バテ防止
土用の丑の日うなぎで夏バテ防止 暑くて汗で栄養素をどんどんうしなわれるのでウナギの栄養があれば ビタミンA、B1、B2、E、D ;ミネラル カルシウム ;鉄分、亜鉛 ;脂質(DHA,EPA) ;コラーゲン 夏バテを予防してくれます。ス−パ−で一匹特大をゲットしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/30 16:40
今年のあんずは大きくて
今年のあんずは大きくて 折からの梅雨の大雨で杏はほとんど落下して腐ってしまった。袋掛けのひとつにやっと残っていました。それも大きい実。ほかの袋は破かれたり(窃盗か)腐ってました。杏林(医者の意)の名のとおり体に効く、疲労回復によい、他にスモモと一緒にシロップ漬けにしていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/25 16:54
てんぷらは蒸すと焼くができる
日本食の代表格のてんぷら。魚やえびなどテンプラにすることで蒸すと焼くが同時にできるすぐれもの。水分をとばし味を凝縮できるのだ。蒸すとは水蒸気によって食材に火に通す。型崩れがしにくく、表面も柔らかいまま仕上げられるため、やわらかい食材や臭いの強い魚などはお酒などと一緒に蒸せば臭みを取ることもできる。 焼くは本来表面から火で炙り、中まで火を通す。しかし油でなかまで火はとおる。型崩れがしにくく表面を少し硬くでき食材によっては食感がよくなる。すぐれた調理法だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/05 15:17
サンザシは抗不安剤に
サンザシには生活習慣病予防の効果がある。 いわゆる“ドロドロ血”に起因する虚血性心疾患、動脈瘤など血管の疾患に罹患するリスクを下げる効果や 高血圧予防効果、抗不安作用があると考えられることが分かりました。心臓の筋肉を丈夫にする作用や、血流を良くして血圧を下げる作用を持つ。ヨーロッパでは心臓病の薬として古くから利用されてきた また健胃、消炎鎮痛、抗酸化、殺菌作用をもつ。 特に黄色ブドウ球菌に対する殺菌作用があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/29 14:03
入浴にトウキ・ショウキョウを使う効果
入浴により、成分がしみ込むのである。からだを温め、腰痛を緩和し、食欲増進となるのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 20:48
筋肉増やすとガンが減る
筋肉を増やすと糖尿病・認知症・ガンを減らすという。筋肉を増やすには意外とたんぱく質の他に糖を摂取すればよいと言われる。もちろん運動が欠かせない。運動で出るインスリンが糖を筋肉に取り込み筋肉量を増やすのだ。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/20 20:49
糖尿病に効く温泉とは
酸性の強い温泉には血糖値を下げる作用があるとはきいていた。しかし、その成分である亜鉛、マンガン、銅、クロムといった微量元素がインスリンの作用を高めるのだ。それらが皮膚から入り膵臓に働くのだ。血管は若返るのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/10 15:01
入浴剤にタイムとロ−ズマリ−
入浴剤にタイムとロ−ズマリ− タイムは悪夢から救いロ−ズマリ−「海のしずく」は教会、死者、生者を悪魔から守る神秘的な力を持つといわれ、また記憶や友情を意味するとされます。キリスト教以前のヨーロッパで祝典や結婚式、葬儀に用いられ、「変わらぬ愛」や「貞節」の象徴とされその生育はキリストの生涯を象徴し、多くの伝説で聖母マリアと結びついているといいます。  両方を入浴剤に使ったら、きっと万能になるかもしれませんね。 クナイプ バスソルト ローズマリー(850g)【クナイプ(KNEIPP)】[入浴剤 バスソルト]【送料無料... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/02 13:43
甘酒がうつ認知症に効く
甘酒がうつ認知症に効く 乳酸菌が花粉症に効く、ヨ−グルトがよく効くのです  お肌のうるおいにもよい  大豆食品、納豆、お豆腐、油揚げ、味噌などを摂取してれば 腸内環境に良く作用して、うつ症状、認知症にも効くことが分かってきました 甘酒の摂取は高齢の方の食欲不振にもよく、便秘にもよいのです。脳と腸とは密接に結びあっています。 イライラ 不眠 ぎみ の あなた に 飲む 玄米食 GABA (1個)尽力舎ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/20 14:02
寒天はダイエットによい
     デパ地下の売り場で寒天ゼリ−のライチ、赤ブドウを    見つけました     今ライチの方が冷蔵庫に入ってます    ダイエットによいそうです、寒天は食物繊維でできているからです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/28 10:34
白湯(さゆ)はダイエットによい
さゆはデトックス効果(毒素を外に出す効果)があるとして、女性の中で人気を集めています。 インドでは古くから白湯を飲む治療法がアユルヴェ−ダにもある。 「消化力があがり胃腸を浄化し毒素を排除してくれる」と考えられてきました。 白湯は余分な物質が入っていない為、内臓をきれいに洗い流してくれます。 体を内側から温めてくれるもので、 血行や代謝が良くなりダイエットや体質改善など 色々な効果があると言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/30 22:28
ガンに効くシークヮーサー
シークヮーサーに多く含まれるフラボノイドの一種ノビレチンには血糖値の上昇や高血圧を抑える効果が発見されていて更にがん抑制効果が期待されており、健康食品として利用されています。このノビレチンは皮に多く含まれています。ですので絞る際に皮も一緒にギュッと強く絞るようにすると果汁と一緒に摂取出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/16 19:22
太りやすい体質は腸内に原因が
腸内には100兆個もの腸内細菌がいる。善玉菌・悪玉菌・その他菌のバランスが崩れると代謝が悪くなり太りやすくなるという。  腸内環境を良くするには野菜(食物繊維)・ヨ−グルト・発酵食品・オリゴ糖(バナナなどに含まれる直に善玉菌を増やすと言われている。) を毎日努めて摂取することだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 08:51
エゴマ油は脳によい
エゴマ油は脳によい エゴマ油(シソ科)に含まれるオメガ3(α-リノレン酸)は脳機能を保護し促進する畑の青魚と呼ばれる。もちろん青魚にオメガ3が含まれるのであるが。  脳の老化防止によいのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/20 11:44
五香粉の効能
中国料理の香辛料の代表格。青魚にあう。数種類の香料が混ざっている。代表が八角だ。冬場にはよいかもしれない。 効能 ●八角: 血の巡りや消化を良くする ●シナモン: 毛細血管の血行促進による冷え・冷え性改善への効能 ●クローブ: 胃腸の消化機能を促進したり、体を温めたりする ●花椒: 精神安定、消炎鎮痛、血圧を下げ、消化を助ける ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/28 21:20
コ−ヒ−は長寿ホルモンを増やす
コ−ヒ−は長寿ホルモンを増やす アディポネクチン(長寿ホルモン)は血液の中にある、血管の傷ついた部分を修復する働きがある善玉ホルモンだ。そしてコーヒーを1日4杯以上飲む人が最もアディポネクチン濃度が高いことが分かったという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/28 21:01
イチジクはうつに効く
この時期イチジクがよいらしい。古来カリウムやペクチン、鉄分の働きにより、痔・便秘に効くとされてきた。しかし、 体調不良から老化まで「不老長寿の果物」としていちじくが解消してくれる。それに がんにまで効果があるという。  今の時期は季節の変わり目真っ只中、夏の疲れやシルバーウィークの疲れがでやすく、なんとなくダルい、肩が痛い、やる気がでない……というようなプチ不調を訴える人が多くいます。  特に日照時間の少ない冬の時期は、うつ傾向になる人が増えるので、今のうちに改善しておかないと冬を迎... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/12 09:33
ナツメは精神安定に
ナツメは精神安定に 庭にナツメを植えて、今年初めて実がなった。湯通しして乾燥してリカ−漬にする。就寝前に一杯。通経・利尿・関節・炎腰痛・健胃に効く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/04 19:32
夏風邪が抜けないので冷水摩擦
どうも、のどがやられて声もでない。よく休んでもなかなか抜けない。そこで、風呂場で湯につかり、出て冷水を被るの繰り返し、乾いたタオルで体をこする。汗が自然とでてきます。さて効能は? 血行を良くし、自立神経に冷水で刺激を与えるとなっているが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/22 19:42
ミトコンドリアで元気溌溂
細胞の中にある酸素を運ぶとされるミトコンドリアを増やせば持久力=体力が身について病気知らずの人生が送れると。  さて、ミトコンドリアを増やすにはウオキングや階段を上がるのもピッチを上げるメリハリつけるのがコツという。平均してあるいてもミトコンドリアは増えない階段きつくなったらかけあがるのだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/30 10:24
尿糖が出なくなった原因
腹いっぱい食べても糖尿が出ない。体重も高めなのに食後の糖尿が出ない。心当たりは、野菜を多く取るのだが肉類も結構食べている。オリ−ブオイルそれもエクストラバ−ジンオイルを極力使かっているのだ。オリ−ブオイルは地中海地方では薬に使っていたと聞く。やっぱり本当なのかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/08 14:13
すももの効用
すももの効用 すももには良質なペクチン(食物繊維)が豊富。プル−ンも仲間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/12 11:32
桜の花・葉・皮は美容に効く
桜の花・葉・皮は美容に効く 桜の花エキスは、老化の原因である糖化を防ぐことから注目されています。また、コラーゲンの産生を促進して肌にハリや弾力を与えたり、シミ・そばかすの原因とされるチロシナーゼの活性を抑制することによる美白効果も期待されています。皮は解毒に。  皮膚に良いのです。入浴剤や化粧品に利用されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/04 10:07
氷水で出したお茶は1,5倍の旨味が
水出汁でエピガロカテキンがすごい。細胞活性化する。マクロファ−ジ、免疫力がアップするのだ。暑いお湯だとでカテキンが邪魔してでないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/01 20:26
アサイ−の効果は
アサイ―とは、ブラジルのアマゾンに自生する植物です。直径1センチほどになる、丸い紫色の成熟した実はブルーベリーににているが種の部分がほとんどで果肉は少ない。熱帯の過酷な環境で育つとだけあって、強い紫外線に勝つビタミンCが豊富・アントシアニンも豊富である。ダイエット効果があるといわれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/14 14:07
キヌアは栄養価が高くて
キヌアは栄養価が高くて キヌアを焚いてみました。臭いがすこし癖があり、プチプチした触感があります。アンデスの高地に生育する、過酷な自然条件では薬効のある食品が育つのが常。キヌアは同じ穀物であるお米や麦などに比べて段違いで栄養価が高く、その栄養価の高さから宇宙食にも採用されているといいます。 キヌアはいろいろな栄養素をバランス良く含み、たんぱく質、食物繊維、カルシウム、ミネラル、必須アミノ酸などが米や麦の何倍もあることが特徴です。ポリビアではキヌアをたべて寝ると翌日は病気が治っているといわれます。  まだ、詳細な研... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/14 12:40
ラム肉(赤肉)は脂肪燃焼効果が高い
羊肉には赤肉のなかでも脂肪燃焼のL−カルニチンが一番多く含まれているという。ダイエットによい。臭みが気になるなら、オニオン、ピ−マンなどと焼く、レモン醤油を入れれば臭みが気にならなくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/23 21:14
急な血糖値上昇が膵臓ガンの初期
なかなか気付きにくい膵臓ガン、気付いたらほとんどが手遅れ。ところが、糖尿病の人、まめに血糖値をはかっていたところ急に上昇したので医師に相談したら初期の膵臓ガンが発見できた。  ガン細胞が大量に酸素を消費し、その為に弱った細胞がインスリンの出を押さえるためだ。 尿PH試験紙などで常時チェックするのに越したことはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/20 21:13
蜂蜜は胃の粘膜の炎症を静める
胃のみぞおちの辺りが突っ張った感じが抜けない。胃酸過多と思って、重曹、梅干しを試してみたが今一だ。蜂蜜は様々な栄養素を含んでおり、美容健康によいのは一般知識。しかし蜂蜜が粘膜に優しく働きかけるのが特徴で、咳を和らげ粘膜の炎症を抑えてくれるのはよく知られている。蜂蜜をなめてみた、ツッパリ感がなくなっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/17 15:31
豆鼓(とうち)は本格派の味
豆鼓(とうち)は糖分の吸収を抑えて血糖値を正常に保つ効果がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 21:48

続きを見る

トップへ

月別リンク

はなしのひろば/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる