テーマ:加齢

八味地黄丸で頻尿対策

寒さからかトイレが近いのでついに八味地黄丸を服用することとなった。加齢は筆者の年齢からすれば否定すべくもないだろうが、漢方独自の腎虚というとらえ方をするらしい。    その概念が全部該当するとは言えないが、それほど体力が低下しているわけでもなく、ただかゆいとか乾燥はある。体温は少し低めかもしれない。前立腺あたりは関係がありそうである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝る前にホットミルクのうそ

これでは眠くならないのだ。体の奥が冷えることで眠気が来て眠る。むしろ冷水ないし常温の水を飲むのが良い。 赤ちゃんがミルクを、飲んで眠るのはおなかが一杯になるからで、見間違えた古くからある嘘である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老化を遅らせる腹八分目

カロリーの取りすぎは生活習慣病の原因になるのは知られているが。カロリーを減らし空腹感を覚えた方が老化を遅らせ加齢に伴うガンなどの疾患にかかりにくくなる。これは老化を遅らせるサ-チュイン遺伝子は飢餓状態を身体が認識したとき働くことに起因するとされる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェインで快眠できる

加齢により自律神経のメリハリがにぶるのだ。 電子機器の出すブルーライトは交感神経を高める寝る一時間前まで。 20分程度の昼寝副交感神経が勝る。 コ-ヒ-のカフェインの効き目は後なので昼寝の寝起きすっきり ヨガゆっくり息を吐く自律神経切り替えがスムーズにメリハリがつくという。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧はサイレントキラ-

血管をじわじわ傷つけるのが高血圧。塩分の取り過ぎが最大の原因。減塩に努めるとともに、ウオ-キングなど運動不足の解消、梅・納豆、青魚、サバ・いわしの水煮缶などお勧めですよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サフランの効用

サフランを枕に入れて眠ると、睡眠障害に効果があると。セクシ-な香りと言うことでもある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more